地域包括ケアシステムの理想的な形

地域包括ケアシステムの理想的な形

厚生労働省が、高齢者が住み慣れている地域で、自分らしく暮らし続けることができる…そういう支援を2025年までに整えようと取り組んでいるのが、地域包括ケアシステムです。地域包括ケアシステムはまだ始まったばかりです。これから2025年までにいかに理想とする形に実現させることができるか、が現在の課題となっているでしょう。

 

では、地域包括ケアシステムの目指すべき形、理想的な形をご紹介します。

 

地域包括ケアシステムにおける5つの要素とは

地域包括ケアシステムは、介護・生活支援・住まい・予防・医療といった5つの要素が基本となっています。どれか一つだけに偏ってもいけないですし、だからといってすべてを広く浅く、でも満足のいく高齢者支援とはいえません。医療や介護を今よりも充実させること、介護状態になる前の予防への取り組み、そして一人暮らしや高齢者夫婦世帯への生活支援、高齢者にとって住みやすい住まいづくり…といったすべてです。これらをバランスよく整えることこそ、地域包括ケアシステムの理想的な形ではないでしょうか。

 

在宅介護が増える?

介護が必要になった場合、現在は病院への入院、老人保健施設などへ入所などで介護を受ける高齢者が多いです。しかし、高齢化が進む今、介護が必要な人はすべて入院・入所となってしまうと、病院や老人保健施設が足りなくなってしまいます。その結果、高額なお金を払って有料老人ホームへの入所などを…金銭的な負担を感じているご家庭も多くなりました。これからは、病院や施設ではなく、在宅での介護へと切り替わっていく時代になり始めています。確かに、高齢者にとっては住み慣れた自宅で医療や介護をうけながら暮らすことができれば、安心です。でも、在宅での介護は、一緒に暮らす家族の負担が増えてしまう…などの懸念もあります。

 

今後は、在宅での医療や介護提供をどのように地域がおこなっていくか、それが改善していくポイントとなるでしょう。

 

ケアマネジャーのあり方を見直すべき?

ケアマネジャーが、今よりももっとスキルアップすることで、介護の質は大幅に上がると考えられています。ケアマネジャーが、高齢者の受ける介護サービス全般の調整をすることができれば、高齢者やその家族も安心して介護を受けることができます。ケアマネジャーの研修は、新しい研修への切り替えが考えられています。高齢になって不安を抱える高齢者、として介護を必要とする高齢者がいる家族にとって、頼れる存在であるべき、それがケアマネジャーなのです。

 

地域包括ケアシステムはまだまだこれから…といったものですが、2025年までに理想とする形へ変わっていくよう取り組みが進められています。