介護の種類

介護の種類

介護が必要な高齢者が増えている今の日本では、地域包括ケアシステムを整えるなど…高齢者に対するサポートや介護システムを整えるための取り組みが始まっています。では介護サービスにはどのような種類があるのでしょうか。

 

訪問サービスの種類

自宅で介護サービスの提供を受けることを、訪問介護といいます。訪問介護にもいくつか種類があり、訪問介護と呼ばれるサービスだけではなく、訪問看護、訪問入浴介護、訪問リハビリテーションなどです。訪問看護は自宅まで看護師が尋ね、お世話をします。今の病状を確認したり、排泄の補助なども訪問看護でおこなわれています。では訪問看護と訪問介護の違いはどこになるのかというと、訪問看護は医療処置の援助であり、訪問介護は日常生活の援助であることです。訪問介護の場合は、ホームヘルパーや介護福祉士などが援助をおこないます。

 

では訪問入浴介護はどのようなサービスかというと、入浴介助のみのサービスです。自宅の浴槽を使うのではなく、巡回入浴車という介護専用の入浴車を使って、入浴の介助をおこないます。

 

訪問リハビリテーションに関しては、理学療法士や作業療法士が自宅でリハビリをおこなうサービスです。高齢になると弱ってしまう筋力ですが、少しでも元気に過ごせるように、とても重要なのがリハビリテーションです。

 

施設サービスの種類

施設サービスは、施設を利用した介護を受けるサービスです。特別養護老人ホームや老人保健施設、有料老人ホームなど…さまざまなサービスが増えています。入所をしながら生活をすることになるので、入所中に介護サービスを受けることができます。ただし最近では入所したくても満員で入れない…ということもあります。

 

通所サービスの種類

通所サービスは、普段は自宅で生活しながら定期的に施設などへ通って介護を受けるサービスのことです。デイサービスなども通所サービスのひとつです。最近は小規模デイサービスも増えています。高齢になると家で過ごす時間が増えてしまいます。しかし、デイサービスを利用することで外に出る機会も増え、新しい刺激を感じることができます。

 

通所サービスの中には、ショートステイサービスもあります。介護をする家族の状態によって、数日だけ施設へと入所して、介護を受けられるサービスです。介護をする家族にとって、このようなサービスがあることは非常に助かりますね。

 

高齢者の介護問題はますます深刻になっていきますが、高齢者によってよりよく過ごせる日が来るよう、整備が始まっています。